【10/1〜2/28の期間限定】ワクチン接種&予約で、Amazonギフト券最大5,000円プレゼント!

初心者必読!はじめての車中泊・キャンプマナー10箇条

main image

時間や場所のしばりがない「バンライフ」。自由度が高いため、キャンピングカーや車中泊仕様の車をご利用いただく際は周囲へのマナーを意識することが必要です。
今回は10項目ご紹介しますので、ご確認いただき、是非、みなさんの楽しいバンライフにしてください!

もくじ

  1. マナーの基本は旅の心構え!
  2. マナーは事前準備できまる!
  3. 長時間滞在は避ける!
  4. 駐車場でのキャンプ行為はしない!
  5. 音への配慮がトラブルをなくします!
  6. 車中泊する施設のルールを守りましょう!
  7. 駐車場所は所定の場所にお願いします!
  8. アイドリングはしない。周囲への心かけをもちましょう!
  9. ゴミは持ち帰りましょう!
  10. 「車中泊をしている人は観られている」意識を!

01

マナーの基本は旅の心構え!

image1

車での旅は人に迷惑をかけやすいものであることを認識しましょう

「迷惑をかけない」「周囲の人に思いやりを持つ」そんな意識をもちたいものです。気持ちのよい旅にするためにも、周りへの配慮は忘れずに。

旅の基本は人との出会いです

出会った方々に感謝を伝え、旅をする際の配慮を常に意識しましょう。「ありがとう」「〇〇してもいいですか?」一言の声かけも旅中のコミュニケーションとなり、トラブルを減らすことに繋がります。

02

マナーは事前準備できまる!

image1

マナー違反の多くは、準備不足から

「暑い」「寒い」という理由でアイドリングしたり、「泊まる場所がない」からこそ、泊まっていけないところに長く駐車してしまいます。目的地や経由地を決めたら、安全に滞在できるように事前準備をしておきましょう。

車中泊は専用スペースの利用をおススメ

車中泊する場所はできるだけ「Carstayステーション」や「RVパーク」などの車中泊専用の施設を活用しましょう。電源や、貸出機材などその施設独自のオプションもありますのでぜひ確認してみてください。

03

長時間滞在は避ける!

image1

高速道路のSA、PAや道の駅などは宿泊施設ではありません

これらの施設は、最低限の休憩、仮眠をするためにある場所です。連泊、長時間滞在はしないようにしましょう。連泊をご希望の方は、ぜひCarstayステーションをご予約下さい。

04

駐車場でのキャンプ行為はしない!

image1

駐車場はキャンプサイトではありません

高速道路のSA、PAや道の駅などの駐車場ではキャンプ行為は絶対行わないように。
たとえば、テント設営、椅子、テーブルを出したり、キャンピングカーのオーニングを出したりしないようにしましょう。

周囲への配慮が必要です

早朝や夜間に大きな音や声を出すことは、周囲のかたの生活の妨げにつながります。やむを得ない場合を除き、大きな音には注意しましょう。

05

音への配慮がトラブルをなくします!

image1

車外、周りへの音の配慮をしましょう

ドアを閉める音、話し声、オーディオなどの音楽など、車中泊をしているとどうしても音が出やすくなります。深夜、早朝など時間帯によっては、その音がトラブルのもとになったりします。周りへの配慮、心配りをして楽しい時間を過ごしましょう。

わんちゃんの吠える声も気にしましょう

どうしても音を発してしまう場合は、車中泊する場所のまわりがあまり音を出しても気にならないような場所を選択して旅程を組むことをおススメします。可能であれば、その施設に確認するのも良いでしょう。一番奥の駐車スペースなど、音が気にならない場所があるかもしれません。

06

車中泊する施設のルールを守りましょう!

image1

マナーの基本はルール順守

Carstayステーション、RVパーク、公共施設など、施設の種類によってルールは異なります。滞在する際は、各施設のルールを確認し、楽しく旅をしましょう。

焚火やBBQができるか施設に確認

多くのユーザーさんが楽しみにされているのは焚き火やBBQです。そもそもできるのか、直火はNGなのか、焚き火はできるけどBBQはできないなど、ルールは様々です。事前に施設に確認をとりながら、トラブルのないように楽しんでください。

image2

ペット同伴可能かも施設に確認

ユーザーさんの中にはわんちゃんを飼って同伴旅行を楽しむかたもいるかもしれません。車両がペット利用可能であっても、施設としてOKかどうかはぜひ確認してみてください。外のエリアはお散歩可能でも、中の施設は使えないことがあります。ワクチン接種確認や、トイレの処理の問題も確認してみてください。

07

駐車場所は所定の場所にお願いします!

image1

車いすスペースでの駐車・停泊はしない

広くて停めやすいから、という理由で車いすスペースに駐車するのはやめましょう。所定の場所に駐車・停泊をするのがルールです。

高速道路のSA、PAや道の駅などで大型車の駐車エリアを占有するのをやめましょう

大型のキャンピングカーの場合などを除き、大型車の駐車スペースに車を停めるのはNG。本来停まるべきトラックやバスの駐車の妨げになり、トラブルのもとになります。

image2

車中泊ステーションのルールを守って

各施設、所定の場所に停車・車中泊をお願いします。駐車する際にサイズ違いなど不都合があれば、現地で確認をとりましょう。
Carstayステーションには、駐車場所の目標となる白色のロードコーンがありますので、ロードコーンの場所に駐車するようにお願いします。

08

アイドリングはしない。周囲への心かけをもちましょう!

image1

非常時以外はアイドリングしないように

「夏場はエアコン使いたい」「冬場はヒーター使いたい」「どうしても電気が欲しい」などの理由からアイドリングをしていることが多いです。
非常時以外はエンジンを止めて、アイドリングしないようにしましょう。

電気の無断利用はやめましょう

施設の電源コンセントを無断で利用するのはやめましょう。一部のCarstayステーションでは有料で電源コンセントを借りられる場所もありますので、ご希望の方はぜひご確認ください。

09

ゴミは持ち帰りましょう!

image1

旅行中で出る生活ごみは原則持ち帰りましょう

高速道路や有料道路のSA、PA、道の駅にゴミを持ち込んで捨てるのは不法投棄です。ゴミの捨て方で旅人がその現地でどのように見られるかを意識しましょう。
一部のCarstayステーションでは有料でゴミを捨てられる(引き取ってもらえる)場所もありますので、ご希望の方はぜひご確認ください。

10

「車中泊をしている人は観られている」意識を!

image1

マナーをあげればキリがありません

細かいマナーを挙げ始めると多数あります。最低限のマナーとして、周りへの配慮を念頭に置き、気持ちよく旅先で楽しい時間を過ごしてくださいね。

みなさんがバンライフを継続できるよう、マナーを守って!

たくさんのひとが、各自のスタイルでバンライフや車中泊旅を楽しむようになりました。だからこそ、ルールを守り、マナーを意識することがこれまで以上に大切になります。
バンライフはみなさんの善意があってこそ継続できます。出かける前、旅行中、常に自身のマナーと配慮を振り返りながら、楽しいバンライフをお過ごしください。

人気のキャンピングカーはこちら

人気の車中泊スポットはこちら

キャンプ場
葉山の自然を感じながら、三浦半島/鎌倉観光の拠点にオススメ!
葉山| Hayama RV-SITE by Star Home(by スターホーム)
¥5,000
/1泊
神奈川県三浦郡葉山町上山口
4.8
(124)
キャンプ場
高台よりの全景
RVパークとみうら
¥4,000
/1泊
千葉県南房総市富浦町豊岡
4.6
(59)
駐車場
温泉も楽しめる車中泊スポット
RVステーション 京急油壺観潮荘
¥5,000
/1泊
神奈川県三浦市三崎町小網代
4.5
(33)
駐車場
かんぽの宿石和
湯YOUパーク かんぽの宿石和(山梨県)
¥2,000
/1泊
山梨県笛吹市石和町松本
4.5
(22)
キャンプ場
施設全体
<葉山:オーシャンビュー>SunnyFunnyDays:1日1組限定
¥5,000
/1泊
神奈川県三浦郡葉山町一色
5.0
(11)
駐車場
かんぽの宿寄居
湯YOUパーク かんぽの宿寄居(埼玉県)
¥2,000
/1泊
埼玉県大里郡寄居町末野
4.4
(13)
駐車場
ステーション入口
サギ・セミナー・センター【モニターツアー限定予約】
¥1,000
/1泊
広島県三原市鷺浦町向田野浦
4.7
(3)
駐車場
富士山テントが目印
河口湖屋台村
¥2,500
/1泊
山梨県南都留郡富士河口湖町河口
4.5
(6)
bannerTour
bannerUsage
bannerInsurance
bannerVanlifeJapan
Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device