あなたのキャンピングカーを登録して副収入を得ませんか?
中国のバンライフ事情 〜新たなキャンピングカーが続々登場!〜
中国のバンライフ事情 〜新たなキャンピングカーが続々登場!〜

中国のバンライフ事情 〜新たなキャンピングカーが続々登場!〜

昭和女子大学の4年生。専門は中国語。コロナ禍で大学の授業がオンラインになり、軽バンを借りて、授業を受けながら1ヶ月間のバンライフを経験。1年後、ハイエースをかりて、またオンライン授業を受けながら1ヶ月間のバンライフを経験。現在は、現役大学生が本格バンライフをする「大学生×バンライフ」のための準備中。

こんにちは!学生バンライファーのメイです。自作キャンピングカーに住みながら、大学に通いつつ、旅をしています。最近車検にも無事合格し、いよいよ本格的にバンライフが始まりました。長年の夢が叶って毎日嬉しくてニヤニヤしているところです(笑)「大学生×バンライフ」の様子は「女子大生、車に住む」というチャンネルで発信しているので、ぜひご覧ください^^


自作キャンピングカー 「メイの動く城」にて


そんなバンライフにどっぷりな私ですが、実は中国の大学の授業を2年間受けています。せっかく勉強した中国語をどうにか活かせないかと考えていたところ「中国のバンライフ事情ってまだ誰も書いていない!?」と思ったので「中国のバンライフ事情」について紹介したいと思います。


十三要和拳头さんのbilibiliより抜粋


ご存じのかたも多いと思いますが、中国では私たちが普段使っているInstagram、TwitterなどのSNSが制限されており、その代わりに中国独自のSNSが存在します。Instagramでは欧米をはじめとする各国のバンライフを見ることができますが、そこに中国人の投稿はほとんどありません。


私は、そんな中国のバンライフが気になっています。中国のスマートフォン・スマート家電大手Xiaomiは、電気自動車(EV)事業参入を発表し、電気自動車及びキャンピングカーは今中国で非常に盛り上がっています。そしてなにより、バンライフは毎日が発見に溢れていて、特に4000年の歴史を誇る中国は、人との出会いだけでなく、歴史、文化、芸術など、色々な視点からバンライフを楽しむことができると思います。


目次

  1. 中国でもバンライフは流行ってる?
  2. 中国SNSでみるバンライフの知名度
  3. 生活と消費の欲求の変化
  4. 中国のキャンピングカーと業界
  5. 中国のキャンピングカー業界
  6. 中国のキャンピングカー
  7. 中国の車中泊スポット3つ
  8. 中国の注目のバンライファー
  9. 十三要和拳头
  10. 杨旭
  11. 福旺家房车生活

中国でもバンライフは流行ってる?

中国SNSでみるバンライフの知名度

特に若者に人気があるSNSのひとつが、「レッド (RED・小红书)」です。バンライフ・キャンピングカーに関する投稿は2022年5月現在で42万件を超え、インターネット上でも盛り上がりを見せています。


房车日记さんの小红书より抜粋


レッド(RED):InstagramやPinterestに近い

#vanlife:7,000件

#房车:320,000万件

#房车生活:40,000件

#房车旅行:80,000件


ウェイボー(Weibo・微博):TwitterやFacebookに近い

#vanlife:15,000件

#房车:170,000件

#房车生活:6,000件

#房车旅行:62,000件


③ドウイン(Douyin・抖音):中国版TikTok

#vanlife:4.7億再生回数

#房车:119.1億再生回数

#房车生活:58.4億再生回数

#房车旅行:142.4億再生回数


日本では「Vanlife」を「バンライフ」と表記しますが、中国では「Vanlife」を「房车生活」や「房车旅行」と表記します。「房车(ファンチュー)」はキャンピングカーを意味します。「#房车旅行」の投稿は「#房车生活」の投稿よりも多いので、もしかしたら「バンライフ=ライフスタイル」ではなく「バンライフ=旅行手段」という考え方が多いのかもしれません。日本でも様々なバンライフの概念が存在するように、中国でも考え方はそれぞれのようです。


しかし、中国語でバンライフを調べてみて共通していたのが「自由」という考え方でした。「ずっと旦那との関係は悪かった。子供が面倒を見なくてもいい歳に成長したから自由を求めてバンライフをはじめた」という人もいます。バンライフを始めるのに年齢も性別も関係ありません。移動ができる「物理的な自由」だけでなく、本当に大切にしたいことのために生活をする「精神的な自由」を手に入れられるのもバンライフの一つの考え方なのかもしれません。

生活と消費の欲求の変化

房车日记さんの小红书より抜粋


「Top 10 Global Consumer Trends 2021』によると、都市生活者は心身の健康ニーズを満たすため常にアウトドアを求めており、 屋外での食事、運動、社交、リラクゼーションなどは、消費者の日常生活に欠かせないものです。しかし 新型コロナウィルスの影響か、今日の消費者は自宅の快適な生活に満足することなく、一切の制限がない大自然の中で冒険をしたいという欲求を持っているとのこと。 アウトドア、DIYなど日常とは異なるライフスタイルに目を向ける人が増えています。


画诺丹营地さんの小红书より抜粋


ちなみに、レッドのハッシュタグで見るアウトドアのトレンドはこんな感じです。

#公园野餐(公園ピクニック):33万件

#露营(キャンプ):348万件

#野奢露营(グランピング ):2万件

需要や流れはあっても、手が出しやすいものとそうでないものがあるようです。

中国のキャンピングカーと業界

バンライフにおいて、切っても切れないのが「キャンピングカー」の存在。実際、車をDIYするのはものすごい作業時間と労力が必要です。私は自分の車を完成させるまで約半年かかりました。自分の理想のスタイルを実現したくてDIYをしていますが、途中で何度も「キャンピングカーだったら楽なのになぁ」と思いました(笑)


2020-2021中国自行车房车月度销量趋势图 より

中国のキャンピングカー業界

上海でRoad NetworkとRVショップを手掛ける「路程网x房车行」の統計によると、2021年は182の企業が、567台の新モデルキャンピングカーを発表しました。販売台数は、2021年1月から11月までで、2020年の7760台から11360台に急増、前年比46.4%の増加となっており、 2021年の中国におけるキャンピングカー年間販売台数、および年間公開モデル数がともに過去最高を更新しました。新型コロナウイルス流行初期には一気に減少していますが、しばらく経つと、ずっと右肩上がりです。

では、中国ではどんなキャンピングカーが売れているのでしょうか?

中国のキャンピングカー

2021年、キャンピングカーの累計販売台数を最も多く販売したのは、中国の商用車メーカー上汽大通「Maxus」ブランド。

中でも特徴的なキャンピングカーを3台紹介します。


MAXUS公式HPより抜粋


①旅行家RVLIFE露营版

2022年5月27日に発表された、若者向けにデザインされたキャンピングカーです。価格は19.98万元〜(約379万円)。中国国内でキャンピングカー販売台数トップのMAXUSが若者向けのキャンピングカーをリリースしたことは、今後中国国内での若者を中心としたバンライフブームの火付け役となるでしょう。


MAXUS公式HPより「旅行家RVLIFE露营版」


MAXUS公式HPより「旅行家RVLIFE露营版」


②探索家T90

2022年3月2日に発表された、MAXUS初ピックアップ型キャンピングカーです。価格は398,800元(約756万円)〜。オフロード向けのこの車種は、オフロード性能に優れた全地形対応インテリジェント全輪駆動を採用し、地形に応じて走行モードを自由に切り替えることができます。


MAXUS公式HPより「探索家T90」

MAXUS公式HPより「探索家T90」


③生活家V90双拓

MAXUSの中で一番価格の高いキャンピングカーで、新世代のADAS知能運転支援システムによる知能運転制御や、新型カーコンピュータシステム「Tencent TAI 3.0」を導入した「Spider Smart Link」の搭載、アプリや音声での遠隔操作に加え、ワンタッチレスキュー機能も備えています。一番の特徴は、車内が拡張し、広々したリビングやベッドルームが出現する点です。価格は619,800元(約1175万円)〜。


MAXUS公式HPより「生活家V90双拓」

MAXUS公式HPより「生活家V90双拓」

中国の車中泊スポット

中国でバンライフをしている人たちはどこにキャンピングカーを停めているのでしょうか?

観光スポットの無料駐車場

恩施大峡谷景区より抜粋


大自然の中の車中泊。絶景を求めるとなると行き着くのは観光スポットですよね。中国の現状では、無料駐車場なら車を停めて車中泊をすることは特に問題ないようですが、バンライファー人口が増えるにつれて、有料化されていくかもしれません。バンライフ人口が増えれば車中泊スポットも同時に整備されていくでしょう。整いすぎてしまう前に、一度中国でバンライフをしてみたいなと考えています(笑)

高速道路のサービスエリア

房车胡司令さんの百家号より抜粋


日本でもサービスエリアで休憩ができるように、中国でも高速道路での運転の途中、サービスエリアで車中泊する人が多いようです。

有料の車中泊スポット

福旺家房车生活さんのbilibiliより抜粋


有料の車中泊スポットは、キャンピングカーOKのキャンプ場や、キャンピングカー専用サイトがあり、水道や電気、シャワー、娯楽施設などが常設されているとことが多いようです。日本では、全国各地に点在する駐車場や空き地を車中泊・テント泊スポットとして旅行者に貸し出すシェアリングサービス「Carstay」がありますが、中国にはまだそういったプラットフォームはないようです。


ちなみに、本記事が掲載されているバンライフ専門メディア「VANLIFE JAPAN」はCarstayが運営していますが、中国にもまた別の「VANLIFE 玩家」というバンライフ専用メディアがあります。日本や中国以外にも、世界中に多くのバンライフに関するウェブメディアがあります。

中国の注目のバンライファー

個人的に注目している中国人バンライファー3組を紹介します。

彼らはいずれもバンライフに関する動画をbilibili(中国版YouTubeのようなプラットフォーム)というサイトでアップしているインフルエンサーです。

十三要和拳头

十三要和拳头さんのbilibiliより抜粋


20代のバンライファーカップルです。十三要さんは、大学卒業後、知見を広げようと期待を抱き北京で就職するも、いくら頑張っても期待していたものを得られずにいました。もともと好奇心に溢れていた彼女は、北京で働き始めてからその好奇心は一切なくなってしまったと言います。


十三要和拳头さんのbilibiliより抜粋


拳头さんは、大学卒業後に自分でビジネスを始め、失敗を経験するもその後ビジネスはうまくいき、期待していた以上の収入を得ることができました。しかし、一生お金のために働き続けるよりも、もっと自分の中で本当に重要なことのために生きたいと思い始めたそうです。そんな二人は現在、購入したキャンピングカーで中国大陸をバンライフ中です。

杨旭

杨旭さんのbilibiliより抜粋


杨旭さんは、もともと会社を経営していましたが、会社を売却し「自分だけの本当の自由」を探し求め一人でバンライフを始めました。人と一緒にいると相手の意見や考えを優先する癖があり、いつのまにか自分を大切にできていないことに気がついたそうです。そんな彼にとって、1人でのバンライフは自分にとっての本当の自由と幸せを手に入れられる最高の手段であると言っています。


杨旭さんのbilibiliより抜粋


彼の動画で最近一番印象に残っているのは、隔離中のキャンピングカーでのVLOGで、車に監視カメラを設置しているところがお気に入りのポイントです。私もこのシステムを自分のキャンピングカーに導入できないか考え中です(笑)

福旺家房车生活

福旺家房车生活さんのbilibiliより抜粋


旦那さんは50歳の誕生日に退職し、誕生日プレゼントに購入したキャンピングカーで旅を始め、もう5年近くバンライフを続けているご夫婦です。奥さんは「最初は安全の面や睡眠の面で心配だったが、いざ始めてみると、何より毎日幸せを感じることができている。」と言っています。


福旺家房车生活さんのbilibiliより抜粋

これから進化していきそうな中国のバンライフ

龙脊梯田


最後まで読んでくださりありがとうございました!今はコロナ禍で海外に行くことはなかなか難しいかもしれませんが、行けるタイミングが来たときに行けるよう、まずは妄想で楽しんで準備をしておきたいですね(笑)個人的に、バンライフをしてみたい国No.1はアメリカですが、これから開拓されていく中国でもぜひバンライフをしてみたいです。バンライフは住むように旅ができるとっておきの方法です。皆さんは日本以外にバンライフをしてみたい国はありますか?

この記事をシェアする

昭和女子大学の4年生。専門は中国語。コロナ禍で大学の授業がオンラインになり、軽バンを借りて、授業を受けながら1ヶ月間のバンライフを経験。1年後、ハイエースをかりて、またオンライン授業を受けながら1ヶ月間のバンライフを経験。現在は、現役大学生が本格バンライフをする「大学生×バンライフ」のための準備中。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device