春休みはキャンピングカー旅行へ!お得な長期割車両はこちら
おしゃれ空間に簡単アレンジ!アルトピアーノの車内紹介
おしゃれ空間に簡単アレンジ!アルトピアーノの車内紹介

おしゃれ空間に簡単アレンジ!アルトピアーノの車内紹介

昭和女子大学の4年生。専門は中国語。コロナ禍で大学の授業がオンラインになり、軽バンを借りて、授業を受けながら1ヶ月間のバンライフを経験。1年後、ハイエースをかりて、またオンライン授業を受けながら1ヶ月間のバンライフを経験。現在は、現役大学生が本格バンライフをする「大学生×バンライフ」のための準備中。

こんにちは!自作キャンピングカーでバンライフをしている、キャンピングカーデザイナーのメイです。


最近、クルマのインテリアをDIYしてオリジナルの空間を作り、車内での時間を楽しむ「バンライフ」が広く知られるようになってきました。バンライフの楽しみ方は様々で、週末に1泊2日で車中泊を楽しむ方もいれば、私と同じようにバンで生活をする方もいます。


ライフスタイルに合わせて、過ごし方を自由に決められるバンライフ。

そんな中、今注目されているのが「アルトピアーノ」という、タウンエースをベースとしたクルマです。


今回、この車中泊仕様車であるアルトピアーノを数日お借りして、ちょっと車内をアレンジしてみました。

備え付けられている設備や機能も活用しながら海外インテリア風に仕上げたアルトピアーノでの過ごし方をご紹介したいと思います。


また、デコレーションが加わったこちらのアルトピアーノは、Carstayでレンタルすることができます。リンクはこちら要チェックです!


目次

  1. アルトピアーノを自分空間にアレンジ!ビフォー&アフター
  2. アルトピアーノってどんなクルマ?何人乗り?普段使いもできる?
  3. 可愛いのに目立ちすぎなくてちょうどいい
  4. ソファーを倒せばベッドルームに大変身
  5. コの字のテーブルでランチタイム!
  6. 暗くなっても楽しめる!コンセントと電気も充実のアルトピアーノ

1. アルトピアーノを自分空間にアレンジ!ビフォー&アフター

Before

アレンジ前のアルトピアーノ


アレンジ前のシートの柄もシックで素敵ですが、今回は、全体をホワイト・クリーム色を基調にした車内空間に仕上げるため、アレンジを加えます。それにあたり、布やクッション、ライトなどの小物を用いて、落ち着いた雰囲気を出したいと考えました!

After

アレンジ後のアルトピアーノ


こちらがアレンジ後の車内空間!ファブリック類を変えるだけでも、家のリビングのような雰囲気を醸し出すことができたように思います。とはいえまだこれは片側だけなので、順を追って全体をご紹介していきます。

2. アルトピアーノってどんなクルマ?何人乗り?普段使いもできる?


まずは簡単に基本情報を記載します。


乗車人数:5人乗り

就寝人数:2人

燃料:ガソリン


私のお気に入りポイントは、このクルマのサイズ感。大きすぎないサイズだから日常使いにも適していますが、車内にはテーブルやベッドにも変身するソファ、シンクもあって、意外と広い!コンパクトながら、求めている空間とほしい機能が備わっているのはうれしいですね。

3. 可愛いのに目立ちすぎなくてちょうどいい

MOBI-INN HPより


クルマの外見は水色!ポップで可愛いのに、派手すぎないから心地よく乗ることができると感じます。


全長約4m、幅約1.6m、高さ約1.9mと、車内は広いのにクルマ自体の大きさはコンパクト。大型のバンやキャンピングカーだと制限の多い立体駐車場も、混雑する駐車場もいつもと同じ感覚で停められます。


使い勝手がよくて、運転するにも車内で過ごすにも、ちょうどいいクルマだなと思いました。

4.ソファを倒せばベッドルームに大変身

フルフラットにシートを倒すと、広々とした空間に


車内のシートは、向きを変えることもできるほか、フルフラットに倒すこともできます。


出かけ先で、用途に合わせてシートスタイルを変更できるのは便利!このときはフルフラットにした車内でコーヒーを飲み、ゆっくりしました。


アレンジ後のアルトピアーノ


今回加えたアレンジの中で、特にお気に入りなのがこちらの可愛いクッション!


このクッション、とにかく手触りがいいのです。ふわふわで、モコモコ。抱えているだけで心地良くなり、ガールズトークが弾んでしまいます(笑)



車内のソファをフラットにした後は、ブランケットを広げてみました。全体的に明るい雰囲気になるし、何よりやっぱり手触りがいいのです(笑)感触がいいと気分も落ち着きます。


冬の車中泊、寒くないの?という声が聞こえてきそうですが、日中は日差しがあれば、特に寒くありません。

心配な方はおうちから分厚めのブランケットや電気毛布を持ってくるのもいいかもしれません。ぬくもりのある車内から、穏やかな夕日を見るのはとても幸せな時間です。

5.コの字のテーブルでランチタイム!

絶景を目の前にランチを楽しめる


今回、ファブリックのほかに加えたもう一つのアレンジは、このテーブルクロス。アルトピアーノの車内後方にはテーブルがついていて、後ろのドアを開ければ、テーブル下からそのまま足を伸ばすこともできます。


このテーブルにさきほどのファブリックやクッションと同じ色のトーンのテーブルクロスをかけることで、車内空間の色味が統一され、おしゃれに見えます。



絶景を見ながら友達と食べるご飯はとても美味しいです。


テイクアウトやドライブスルー、コンビニで好きなものを購入して、外の景色を見ながら車内で食べる食事はクルマ旅におすすめ。

私はコンビニでサンドウィッチを買うのがお気に入りです。



コの字のテーブルには、シンクがついています。

手を洗ったり、ちょっとした食器の洗い物に使えるので、簡単な料理をすることもできます。

3人以上で過ごすならセンターテーブルが便利!

アレンジ前のアルトピアーノ


3人以上でアルトピアーノを利用する場合は、センターのテーブルが便利です。シートを向かい合わせにして、みんなでカードゲームや晩酌などをするのも楽しそう!

6.暗くなっても楽しめる!コンセントと電気も充実のアルトピアーノ


アルトピアーノを海沿いに停めたこの日は、日が沈んだ後もしばらく車内で過ごしていました。


外が暗くなっても車内は安心!アルトピアーノにはコンセントがあるので、車内でも電気を使うことができます。


アレンジ後のアルトピアーノ


ピカピカしているフェアリーライト、こちらも今回足したデコレーションです。この小さな明かりで夜のチルな空間が完成しました。


映画を見たり、ピザパーティーをしたり、読書をしたりなど、色々な楽しみ方ができそうです!

フェアリーライトがあるだけで、車内が一気にかわいい夜の雰囲気に変わりました。



また、日が落ちても車内での時間を楽しめるように、テーブルには小さなライトを加えてみました。

私は友人と過ごす時間も好きですが、一人で過ごす時間も大好きです。このライトがあることで、手元の作業も捗ります。カフェラテ片手にジャズを聴きながら読書するのも、過ごし方のひとつにいかがでしょうか。

まとめ


この撮影日は2022年の大晦日だったのですが、友達と年内最後の夕陽を見て、一年を振り返ってみました。お互いの好きな曲を流しながら、アルトピアーノから見た海と夕陽は素敵な思い出です!


今回ご紹介したアルトピアーノは、Carstayにてレンタルすることができます。ぜひこのクルマで皆さんも素敵な時間を過ごせますように!



この記事をシェアする

昭和女子大学の4年生。専門は中国語。コロナ禍で大学の授業がオンラインになり、軽バンを借りて、授業を受けながら1ヶ月間のバンライフを経験。1年後、ハイエースをかりて、またオンライン授業を受けながら1ヶ月間のバンライフを経験。現在は、現役大学生が本格バンライフをする「大学生×バンライフ」のための準備中。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device