春休みはキャンピングカー旅行へ!お得な長期割車両はこちら
寝袋の下には何を敷く?車中泊マットを使うメリットと選び方
寝袋の下には何を敷く?車中泊マットを使うメリットと選び方

寝袋の下には何を敷く?車中泊マットを使うメリットと選び方

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

キャンプで車中泊する人も多くなってきた昨今。車のシートを倒して寝るだけでは身体が痛くなり、睡眠も取りづらい…!

そういう時に役立つアイテムが車中泊マット。最近ではさまざまなメーカーから販売されています。そこで今回は車中泊マットの選び方使うメリットおすすめのモデルを紹介します。

車中泊マットの選び方とは?注目するポイントはここ!

まずは車中泊マットの選び方のご紹介です。

注目するポイントを知っておけば、種類がたくさんあっても自分に合っているモデルを見つけられます。

選び方1:サイズを確認

寝心地が良く機能性に優れていても、まずは車内で使えるサイズを確認することが大事です。車内のサイズをあらかじめ測っておけば、どのサイズが合うのかがわかります。

選び方2:膨らませ方

車中泊マットには自動膨張型手動型の2つのタイプがあります。自動膨張型はバルブを開くだけで自動的に空気が入り、膨らみます。一方、手動型は自分の手で空気を入れる必要があり少々大変ですが、空気の量を自由に調整できます。自分が好きな方、また合っている方を選びましょう。

選び方3:滑り止め付き

車内は凸凹した箇所が多く、寝返りを打つとマットずれる事があります。そういう時に便利のが滑り止め付きの車中泊マットです。滑り止めのおかげで寝返りを打ったとしてもずれにくくなり、寝やすさも変わります。

車中泊の快適性が違ってくる!車中泊マットを使うメリット

次に、車中泊マットを使うメリットです。車中泊マットを使う事でより快適な車中泊の夜を過ごしましょう。

メリット1:睡眠の準備をすぐにできる

車中泊マットはシートの上に置くだけでセットが終わり、寝る準備がすぐにできます。また片づけも簡単なので、手間がかからないのでとても便利です。

メリット2:睡眠の質が向上する

車のシートは座る事を想定して作られており、睡眠をとる事を想定していないため睡眠には不向きです。しかし車中泊マットを使えば車内を睡眠がとれる場所に早変わり。睡眠の質も自然と向上して、次の日に残る疲れを減らす事が可能です。

快適に車中泊をできるおすすめの車中泊マット

ここからはおすすめの車中泊マットを紹介していきます。

モダンデコ  エアーマット 枕付き ‎xp02-ol


自動膨張型の車中泊マットで、広げてバルブを開くだけで簡単に膨らみます。表面にはスエード調の生地を採用していて滑らかで心地よい肌触りとクッション性を持ち合わせていて、気持ちよく睡眠がとれます。枕が一体化している所もポイントです。


裏面はポリエステル生地で、強度・耐摩耗性に優れており、破れにくくなっています。長期的な使用が見込めるので、アウトドアをする人には最適です。

専用の収納袋も付いているので、コンパクトに収納でき、持ち運びも楽です。

FIELDOOR 車中泊マット


ポリエステルと高密度ウレタンフォームを素材とし、優れた強度・クッション性を実現しています。車のシートの凸凹の影響を抑えられる上に布団の上にいるようなふわふわとした感触を味わう事もでき、快適な睡眠を取ることができます。


サイドにはボタンが付いていて、同じモデルを繋げる事もできです。マットの面積が広がり、さらに使いやすくなります。空気口径22mmの大型タイプの二重バブルを搭載している所もポイントで、空気の出し入れよりスムーズにできます。車中泊マットの準備・片づけが簡単です。

MIGHTYDUTY 車中泊マット 

Amazonより


6つの独立したエアモジュール設計をしていて、好きな所を自由に膨らませる事ができます。色々な車種に対応しやすく便利で、他の車中泊マットと比べると使い勝手が良いです。収納スペースがある2つのエアクッションが付いている所もポイントで、スマートフォンや財布などを収納できます。


表面にはフロッキング生地を採用していて、肌触りが良い上に汗をかいたとしてもべたつきにくいです。身体にかかる負担を軽減でき、より快適に睡眠を取れるようになります。

コールマン エアーベッド 2000032620


幅135cm×奥行185cmの大型サイズの車中泊マットで、大人2人でゆったりと使う事ができます。厚さは20cmと十分にあるため、車のシートの凸凹の影響も受けにくいです。


ダブルレイヤー構造を搭載している所もポイントで、重量が2.5kgと軽量、パンクに強いです。マットの上でお子様が飛んだり跳ねたりしたとしても簡単には破れにくく安心です。

バブルはダブルロック式のものを採用していて、空気をスムーズに入れやすくもなっています。

キャプテンスタッグ キャンプマット M-3318


幅56cm×奥行182cm×厚さ2cmとサイズはコンパクトですが、表面が波形にする事で優れたクッション性保温性を生み出していて、車のシートの凸凹と冷気の影響を抑える事ができます。車内でも使いやすく、しっかりと身体を休められます。


折り畳むと13cm×12.5cm×56cmのサイズにまとめられて、付属品のゴムバンドで留めれば途中で広がりません。持ち運びも簡単な上に、スペースも取らず収納もしやすいことが特徴です。

クイックキャンプ 車中泊マット QC-CM8.0b




表面にはスエード調のポリエステル生地が採用されていて、肌触りが良いです。睡眠を取る時に肌に負担をかけにくく、安心して身体を休める事ができます。裏面には滑り止め加工が施されていて、寝返りを打ったとしてもずれにくいです。


ボタンを繋げば同じモデルの物と連結可能で、面積を簡単に広げられます。家族や友達などと隣同士で寝転がり会話をしたり遊んだりもでき、使用の幅も広がりおすすめです。

万が一のために補修キットが付いている所もポイントで、マットが破れた際にすぐに応急処置でき、その場を凌げます。

アイリスプラザ 車中泊 マットレス G7108350F




高密度ウレタンにより高い弾力性があり、表面がふかふかです。程よい反発もあり、寝返りも打ちやすくなっているので長時間横になっていたとしても疲れにくいです。枕が一体化している所も良く、頭もしっかりと支えられます。


マットの硬さは空気量で調整でき、自分好みに変える事ができます。

撥水性に優れていることも特徴で、多少水がついたり汚れたりしても簡単に拭き取れるので綺麗な状態を保てます。

オンリースタイル 車中泊専用マット


車中泊で使うために作られた厚さ10cmの専用マットで、高い安定感があります。車のシートの凸凹や段差などをほとんど感じず、ゆったりと横になり休む事ができます。

バルブは吸排気効率に優れたモデルを採用していて、すぐに膨らませる事ができます。


側面にはマジックテープが付いていて、同じモデルの物と繋げて面積を広げられます。またマジックテープが強力なため寝ている時も簡単には外れず安心です。

収納時は直径20cm×73cmのコンパクトサイズにまとめられる所が特徴で、車内に置いてもスペースを取りません。

車中泊での車中泊での睡眠の質をアップさせるために

寝袋を使うとしても、車中泊マットを使うと車内でも簡単に睡眠を取りやすくなり、睡眠の質も違ってきます。たくさん動いて疲れが溜まった身体も充分に休める事ができ、次の日にその疲れを残さずに済み、車中泊をする際には非常に頼りになる存在です。アウトドアなどで車中泊をする機会がある人はぜひ車中泊マットを使ってみてください。

この記事をシェアする

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device