クリスマスプレゼント企画!100万円山分けキャンペーン実施中!
バンライフを辞めた今、何を思う?今でも「バンライフして良かった」と思える理由とは|赤松祐一郎さん
バンライフを辞めた今、何を思う?今でも「バンライフして良かった」と思える理由とは|赤松祐一郎さん

バンライフを辞めた今、何を思う?今でも「バンライフして良かった」と思える理由とは|赤松祐一郎さん

バンライファー夫婦のとおるんよしみんです!日産キャラバンで車に住むおうち型バンライフをしながら日本各地を旅しています。 2018年は世界一周、2019年6月から日本一周中。車中泊初心者&女子向けの情報を発信中(^^)!

北海道でバンライフをしていた赤松祐一郎さん(以下、祐一郎さん)。

現在はバンライフを辞めて新たな挑戦をしていると聞き、2回目のインタビューを行いました。


1回目のインタビューは新型コロナウイルスが流行り出した2020年5月でした。


大手企業を退職し、ワーゲンバスでのバンライフを始めたのは、会社員としての給料は入っても休日は疲れきって好きなことができず「なぜ働いているのだろう」と疑問をもったからだったそうです。


それから2年、祐一郎さんは何をしていたのでしょうか。


なぜバンライフを辞めたのか。バンライフをして何を感じ、何を得たのか。

祐一郎さんに、再度インタビューをしてきました。


▼1回目のインタビュー記事


バンライフを通じて多くのことを経験

お久しぶりです!前回のインタビューから約2年間、どんな活動をされていたのでしょうか?

8A GARAGEの内装。カフェの中で焚き火ができます!


自分のブログ運営をメインでやりつつ、8A GARAGE(ヤエイガレージ)立ち上げに関わっていました。8A GARAGEは北海道小樽市にある焚き火ができるカフェで、アウトドアグッズも販売しています。


8A GARAGEはもともと自動車整備工場だった場所ですが、大工さんに教えてもらいながらDIYし、約1年間かけてお店兼カフェに仕上げました。

その頃は倉庫の前に駐車して、車に寝泊まりしながらDIYをしていましたね。


アウトドアグッズを開発してからは、販売のためにECサイトを作ったり、宣伝に関わっていました。その後、2022年3月に8A  GARAGEを退職し、今では個人でブログ運営をしながら、アウトドアの商品の開発・販売などをしています。

「8A  GARAGE」との出会い、立ち上げまで

「8A   GARAGE」立ち上げはいかがでしたか?

北海道小樽市にある8A GARAGE


いい経験でしたね。商品を開発するのは初めてでしたが、サンプルを取り寄せたり、自分たちで設計図を書いて依頼したりと、何度も試行錯誤しながら商品を作りました。


そうして、ようやく完成した商品をお客さんが使ってくださっている様子を見た際は商品を作った達成感がありました。実際に使った人からの「便利だった」「良かった」という反応に、やりがいを感じましたね。


人の役に立てたと感じるとやはり嬉しく、たくさんのことを学ばせていただきました。


・8A  GARAGEの公式サイトはこちら(アウトドア商品や、焚き火とコーヒーが楽しめるカフェの情報掲載)


特殊な加工がしてあり、洗い物も楽!


また、数字としての結果を出せたことも自信になりました。

WEBマーケティングやネットでの宣伝のノウハウを8A GARAGEで活かすことができたので、バンライフを通してブログをやっていたことも意味があったと感じています。


バンライファーの方々にPR協力していただけたことも、本当に大きかったです。

そういった経験を経て、「物を作って売れば最悪死ぬことはないかな」と思えるようになりましたね。


8A GARAGEの商品1作目にあたる「スリップメテスィン」は、クラウドファンディングにて1,800人を超える方々から応援購入していただきました。


「クラウドファンディングが終わってからスリップメスティンを知った」という方もいて、クラウドファンディングの後にオンラインショップを作ったところ、すぐに買っていただくことができたんですよ。


・スリップメスティンのクラウドファンディングページはこちら。※現在は終了

・とおるんよしみんも実際に使わせていただいた様子はYouTubeで!(記事下に記載)

バンライフ引退後は個人の活動に注力

スリップメスティンのクラウドファンディング後は何をされていたのでしょう?


家から車に引越し、場所を選ばずに仕事をしながらバンライフをする、ということが当初の目標でした。

その目標は達成できましたし、バンライフをする前に描いていた働き方に近づいているなと感じています。


ちょうどそのころ、8A GARAGEの社宅が用意されるという話があったので、車から家に引越しすることになり、約3年間のバンライフが終わりました。


バンライフをすることで行動力がついたと思います。迷ったら、とりあえずやってみようと。


たくさんの人との出会いもありましたし、8A GARAGEで働くことにより、さまざまな経験をさせていただきました。


バンライフをやった経験が随所に活きたことは、本当に良かったと思っています。

それからは個人で活動をしているということですが、具体的にどんなことをしていますか?


今は主に「ブログ運営」や「商品開発」を行なっています。


8A GARAGEのときにブログについてたくさん学ぶことができたので、その知識を使いブログを執筆しています。


これまでは書いていたのは「バンライフブログ」だったのですが、現在は違うジャンルのブログにも挑戦中です。さまざまなことを学んだおかげで、新しいブログも収益化することができているんですよ。


ブログはネットさえ繋がれば更新することができるので、これからは日本に住むことに拘らず、海外に行くのもいいなと考えています。

ブログで収益が安定するようになったら、友達が住んでいるニュージランドに行きたいですね。


また、アウトドア商品の開発もしているのですが、今はその商品を改良して作り直しを考えているところです。


アウトドアが好きということもあり、「あったらいいな」と思うアウトドア商品を、これからも作っていきたいと思っています。

バンライフをして良かったことを教えてください。


会社を辞める時は「ブロガーになろう」と考えていましたが、実際はほぼ知識もない状態からのスタートでした。

そのためなかなか収益がでなかったりと、失敗をたくさんしてきたように思います。


1人で暗い車内にこもりブログ記事を書いていたのですが、誰も読んでもらえず、収入にも繋がらない現実に「自分は何をしてるんだろう?」と不安になることもありました。


でも「続けていけばきっと結果が出る」と信じ、諦めるという選択肢は取らないようにしていたのです。


そうやってがんばり続けたからこそ、ブログで収益を生むことができるようになりました。バンライフをしながらブログを書き続けることで、「継続の重要性」を学ぶことができたのは本当に良かったです。


かつての目標であった「ブログの収益化」を達成できたことや、8A GARAGEに立ち上げから携わらせていただいたこと、オンラインショップの作成から商品の開発・販売、さらにクラウドファンディングの経験までできたことは、すべてバンライフをしていたからだと思っています。

これからの目標や夢はありますか?


これからは個人でブログ運営をしながら、YouTubeにも挑戦したいと思っています。

サバイバルキャンプに興味があるため、キャンプの様子を動画に撮り、YouTubeに投稿していきたいと考えています。


また、その動画のイメージに合うようなブランドの立ち上げや、キャンプギアの開発も視野に入れています。自分のアイデアを形にして「社会に対しての価値を生み出す」ことに、これからもどんどん挑戦していきたいです。


また1回目のインタビュー時にもお話ししましたが、将来はタイニーハウスを数カ所置き、多拠点生活を送るのも楽しそうだな、と思っています。


夏は海の近くでサーフィンをし、冬は雪山に移動してスノーボードを楽しむ。そんな生活ができたら良いなと考えています。

お話しを伺ったかた:赤松祐一郎さん


ビール会社に数年間勤務後、退職してバンライフに挑戦。現在はバンライフを辞めて、個人でのブログ運営や、商品の開発・販売を行なっています。


バンライフを通じてたくさんのことを学び、人に出会い、挑戦や失敗を繰り返している祐一郎さん。これからも目が離せないです。

動画で楽しむ

この記事をシェアする

バンライファー夫婦のとおるんよしみんです!日産キャラバンで車に住むおうち型バンライフをしながら日本各地を旅しています。 2018年は世界一周、2019年6月から日本一周中。車中泊初心者&女子向けの情報を発信中(^^)!

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device