クリスマスプレゼント企画!100万円山分けキャンペーン実施中!
旅先で使えるサウナカー「SAUNA JUNKY零号」で最高のととのい体験を!
旅先で使えるサウナカー「SAUNA JUNKY零号」で最高のととのい体験を!

旅先で使えるサウナカー「SAUNA JUNKY零号」で最高のととのい体験を!

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

サウナ好きな人々が日本全国で増えている昨今、「ととのう」という言葉が浸透してきました。

「ととのう」とは、サウナ、水風呂、休憩という一連の流れを繰り返すことで、心身が整った状態のことを言います。


しかし、コロナ禍にサウナ施設に行くのは抵抗がある…と思うかたもいるかもしれません。

そんなかたは必見!今回は、Carstayで保有しているサウナカー「SAUNA JUNKY零号」についてとその使い方を紹介します。



サウナカー「SAUNA JUNKY零号」とは


サウナカー「SAUNA JUNKY零号」は、全面ヒノキ貼りの車内に無煙タイプの大型薪ストーブを搭載した「自走型サウナカー」です。布製のテントサウナと比べて、さらに本格的なサウナを自然の中で堪能することができます。また、自分の好きなアロマを使用してロウリュを楽しむこともできます。湖畔やキャンプ場で使用し、自然に囲まれた川などを水風呂代わりに使用すれば、この1台で今まで史上最高の"ととのい"を仲間と一緒に体験できます。


ロウリュ*

フィンランドに伝わるサウナ風呂の入浴法の一つで、熱したサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させることにより、体感温度を上げて発汗作用を促進する効果があります。サウナストーンに掛ける水には、アロマオイルなども使用できます。

サウナカー「SAUNA JUNKY零号」の特徴

運転しやすい日産キャラバンの後部座席をサウナに改装している車です。車を駐車した場所がたちまちサウナに早変わりするので、自分の好きな場所でととのうことができます。

大型薪ストーブを搭載しており、最大5名が入れる温浴施設と同等のサウナ空間を自然の中で体験できます!

アウトドアサウナ備品(ドラム缶水風呂、ととのい椅子、ロウリュ用桶・柄杓など)が一式付いているので、サウナ初心者のかたでも安心です。

サウナカー「SAUNA JUNKY零号」の使い方

ここからは実際に「SAUNA JUNKY零号」の使い方の説明です。最後に動画も載せているので、そちらもご参照ください。

煙突の組み立て方

用意されているもの

・三脚

・長い煙突

・短い煙突


まずは三脚を立てて固定し、長い煙突を連結させて組み立てます。

長い煙突はとても重くて不安定なので、二人以上で作業しましょう。(動画では撮影の都合上一人で作業しています。)


三脚設営

長い煙突に三脚の上の部分が付いているので、パイプに付いているポッチを押しながら三脚のパイプと連結させ、カチッとロックがかかるまで押し込みます。これで長い煙突の組み立てが完了!これを車の斜め後ろに設置し、一人が支えます。



長い煙突と三脚の連結


 次に、車のトランクに設置されている穴に短い煙突を設置します。(煙突の端の部分で手を切ってしまうそれがあるので、必ず手袋を着用してください。)

L字型になっている短い煙突の短い側を車の穴に差し込みます。グッと押すと止まるところがあるので、そこまで押し込んでください。


短い煙突を車に設置


最後は、短い煙突の長い部分と先ほど組み立てた長い煙突を連結させます。

煙突のパイプ同士がしっかりと連結でき安定したことを確認できたら完成です!


サウナストーブの使い方

走行中は、サウナストーブの上に置くサウナストーンは平らにならしてください。(揺れて落ちる可能性があるため。)

使う時は、煙突部分が熱くなるので、煙突の周りに山になるようにサウナストーンを置いてください。


そして、薪はストーブいっぱいに詰めると煙が逆流してくる可能性があるので、半分くらいにしましょう。

その後、着火剤を入れて点火し、点火後はすぐに扉を閉めてください。

すぐに燃えてくるので、車内が温まる20~30分後に入ってサウナ開始です!


薪の目安は半分程度


煙が出てきた場合は、窓やドアを開けましょう。無煙ストーブなので、時間が経つと煙が出なくなってきます。

煙が出なくなったら、窓とドアを閉めて車内を温めましょう。(ドアは完全に閉めないようにしてください。)

スノコの敷き方

3種類の大きさのスノコを敷いた状態


車内のタイルの部分は土足で入ってOK!

サウナに入るときは、車内にあるスノコを敷いて、入口で靴を脱いで裸足で入ります。

用意されているスノコは、大きいサイズ、中くらいのサイズ、細長いサイズの3種類があります。

一番奥に中くらいのサイズのスノコ、次に大きいサイズのスノコを敷いて、最後に入口のところに細長いサイズのスノコを敷きます。

サウナ室の閉め方

中を温める時は、設置されているビニールカーテンを閉めます。

閉める時は、輪っかの部分を持ちながらスライドさせていきます。

そして、カーテンの右、左、下それぞれについているビニールテープとカーテンを合わせて、冷気が入らないようにします。


端をテープで留める


<注意>

温めたいという理由で、車のドアを完全に閉めてしまうと、車内外の空気圧の差によりドアが開かなくなってしまう可能性があります。

最低でも10cm程度は開けておくようにしましょう。


ドアは10cm程度開けましょう

一酸化炭素チェッカーの使い方

一酸化炭素チェッカーは必ず起動させておく


サウナカーには一酸化炭素チェッカーがあります。

ケースから出して真ん中のボタンを押すと起動できます。

起動した状態でサウナ室内において使用してください。

サウナを安全に使用することができます。

 

万が一50ppm以上になると警報が鳴ります。

身体に影響はありませんが、窓を開けて空気を入れ替えてください。

サウナカーの片付け方法

煙突が熱くなっているので、使用後30分以上は冷やしましょう。その後、触れるくらいの熱さになったら片付け始めましょう。(この時、やけど防止のため、必ず手袋をして片付け作業を行ってください。)

その際、薪は完全に燃やし切るのを待ってから片付けをしてください。

最後にサウナストーンが冷めたら、来た時と同じように山積みになっているものを平らにならします。


以上、ここまでが「SAUNA JUNKY零号」の一連の使い方紹介でした!

 

▼使い方の説明動画はこちら!

 

「SAUNA JUNKY零号」のレビュー

 ここで、過去に「SAUNA JUNKY零号」で「ととのい」体験をしたかたのレビューを見てみましょう。

サウナを楽しませていただきました。葉山のRVステーションも自然の中で整うのに最高な環境でした。ポンチョもついているし、事前に動画で組み立て方も学べたので、当日はスムーズにいきました。また借りたいと思います!!
車とサウナが一体化した「自走式サウナカー」最高の一言に尽きます。複雑な組み立ても必要なく必要なものは揃えられており、なんといってもサウナの温度は絶妙なものでした!今回は日帰りで借りさせてもらいましたが、次回はぜひ一泊レンタルしたいと考えております。
想像以上に本格的なサウナを楽しめました!

車でサウナ体験ができること、用意されているアイテムが充実していること、そして何より楽しくサウナ体験ができたことなど、次も使用したいと思えるレビューが多いですね。


どうですか?サウナカーでととのってみたくなってきたでしょうか?

自分のお気に入りの場所で「ととのう」を体験しよう!


以上、Carstayが保有しているサウナカー「SAUNA JUNKY零号」のご紹介でした。

車1台でここまで本格的なサウナ体験ができるなんて夢のよう。ホームサウナや話題のサウナ巡りとは一味違った体験ができそうです。

テントサウナがお好きなかたも、ぜひ次のサウナ体験にこちらの車を使ってみてください。

 

川の近くで、山を見ながら、都会の喧騒から離れた自分のお気に入りの場所で「ととのう」を体験してみませんか。

少しでもこの車について気になったことや聞いてみたいことがあるかたは、車両の詳細ページからご予約・お問い合わせください。

仲間と一緒に非日常的で記憶に残る思い出を作りましょう!

キャンピングカーを所有している方へ:Carstayに登録しませんか?

Carstayでは、キャンピングカーのシェアリング登録されている方を「ホルダー」、車中泊スポットを登録されている方を「ホスト」とお呼びしています。

ホルダーやホストの新規登録はいつでも受け付けており、専用ページから詳細のご確認や資料のダウンロードが可能です。

★キャンピングカーを所有されている方はこちら

★車中泊スポットや体験アクティビティを登録される場合はこちら


その他、周りにキャンピングカーや車中泊スポットをお持ちの方がいらっしゃればぜひご紹介・推薦ください。

ご相談事項がある場合と合わせて、問い合わせフォームからご連絡いただけます。


キャンピングカーや車中泊スポットのある方、Carstayに登録してみませんか?

お持ちの車両や場所のシェアをご検討されている方、ぜひサイトをご覧ください。

2022年8月末まで!登録代行と300台突破記念のWキャンペーンを実施中

Carstayでは現在、カーシェア登録代行キャンペーンを実施しています。必要な情報をフォームにご入力いただければ、Carstayのスタッフが代理で写真の選定やアップロードなども行うほか、車両の特徴や魅力、注意点を文章にまとめ、車両登録を行います。複数台のキャンピングカーをお持ちのレンタカー会社さまもこちらのキャンペーンをご利用いただけます。


詳しくはこちらのキャンペーン詳細ページをチェック!


さらに、8月末日までに車両登録が完了した方には、Carstay車中泊スポットが1万円分無料になるクーポンをお渡しするキャンペーンも実施中です。

上記のカーシェア登録代行キャンペーンを利用して期間内に登録・公開された方もクーポンお渡しの対象になりますので、ぜひこの機会に、ご自身のキャンピングカーの車両をCarstayに登録しませんか?


これを機に、本日からCarstayキャンピングカー全登録者向けに、期間限定でCarstayの車中泊スポットが1万円分無料で利活用できるキャンペーンを開始します。



この記事で紹介したキャンピングカー/車中泊スポット/体験アクティビティのご予約はこちらから

動画で楽しむ

この記事をシェアする

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device