あなたのキャンピングカーを登録して副収入を得ませんか?
ペットイベント「インターペット」にキャンピングカーでGO!
ペットイベント「インターペット」にキャンピングカーでGO!

ペットイベント「インターペット」にキャンピングカーでGO!

東京×犬に特化した情報検索サイト「いぬのまどぐち」の運営者。クルマを通して「イヌと暮らす」ことの楽しさを広めていきます!

こんにちは!いぬのまどぐちを運営している片寄です。

※いぬのまどぐちは犬×東京に特化した犬の情報サイトです。


3/31〜4/3までの4日間、東京ビックサイトでは日本最大のペットイベント「インターペット」が開催されました。

私も、3/31のビジネスデーは個人として、4/1〜3の一般公開はCarstay(カーステイ)のお手伝いとして参加しました。


キャンピングカーに試乗もできちゃいました!


ペットを連れての来場が可能なため、愛犬(ぶん太)を連れての参加!


いぬのまどぐち運営メンバーと「せっかくならみんなで一緒にキャンピングカーで行こう!」となり、Carstayでキャンピングカーをレンタル!


Carstayでキャンピングカーを予約して乗るのは2回目。


普段から車で犬と出かけていますが、やっぱりキャンピングカーでのおでかけは特別感がありました。

今回は実際に参加したインターペットのレビューとキャンピングカーでの様子を紹介します!

インターペットは日本最大のペットイベント

イベントはたくさんの人で賑わっていました

インターペットは、今年で10回目を迎えるイベントで、4日間で43,755名と18,513頭のペットが来場しました。


ペットフードやおやつ・ギフト・アウトドア&レジャー・しつけ用品・ペットの医療器具、ペットのセレモニー・メモリアルサービス、ペット向け保険など、国内外から総勢465社が出展しました。


ペットの同伴OKなので、犬猫のみならず、鳥や小動物を連れてこられる方も多くいます。

イベント初心者からマニアまで楽しめるイベントです。

2、車を借りて出発!

今回お借りした車は、“モビゴン”。


横浜で借りれるペットOKの車両



以前にもお借りしたことがあり、その際は湘南まで遊びに行ってきました。


東京ビックサイトの近くには、車で10分圏内の場所に潮風公園お台場海浜公園などがあり、愛犬と散歩することができます。


実際にイベント期間中の朝7時台の公園には、愛犬の散歩をする方々が多く見られました。

リフレッシュタイムとして公園を利用すると良いですね。

駐車場は超満員!時間に余裕を持って出発するのがGOOD!

インターペットの開場は10時。


しかし、大きなイベントということもあり、みなさん、かなり気合いが入っています!!

来場のタイミングによっては、駐車場に入るのに30分、会場入りに30分と、入場までにかなりの時間がかかります。


公式が公開しているインターペットの駐車場(6つ)

・会議棟地下駐車場

・東棟地下駐車場

・東屋外臨時駐車場

・南立体駐車場

・有明東臨時駐車場

・東雲臨時駐車場


【注意】

高さ制限(2.1m以上不可)がある駐車場があります。

・混雑時は駐車場入場に30分以上時間がかかることがあります。


もし、上記6つの駐車場に入れなくても、東京ビックサイト周辺には、たくさんの駐車場があります。

近くに止めたい方や時間に余裕を持って来場したい方は、駐車場を予約しておいたり、近くの駅に車を止めて、公共交通機関で来場することをオススメします。

入場券は1日券がおすすめ

コロナ対策ということもあり、入場前に同意書(誓約書)の提出と検温が行われていました。


前売り券が基本なので、チケット購入は事前に済ませましょう。

※当日券もありますが、人数制限がされていますので、ご注意ください。

チケットの種類

①1日券(駐車場付き)≪10:00-17:00≫:¥4,500

②1日券 ≪10:00-17:00≫:¥1,500

③午後券 ≪13:00-17:00≫:¥700


お目当てのものが決まっている方や雰囲気を味わいたいという方は、午後券でも楽しむことができますが、インターペットは新商品の紹介や購入だけではなく、相談会・ワークショップ・著名人によるトークショー・デモンストレーションなどが盛り沢山!


また、SNS等で繋がっているペット友達と直接会う良い機会でもあり、会場内の至る所でプチオフ会が開かれています。


イベントを十分に楽しみたい方は、1日券での入場をオススメします!

ですが、こういったイベントに慣れていないと、人もわんこも疲れてしまう・・・。


そんな時には、一度車に戻って静かな所で休憩したり、短い時間で帰宅するなど、自身のペースで、楽しんでみてください!

おすすめの持ち物

①カート

②大きなカバン

③マナーグッズ

1、カート

中型犬でもカートはオススメです!


ペットに「カート」というと抵抗感がある方もいらっしゃるかと思いますが、イベントへおでかけの時にはもはや必須です。


・混雑時の怪我の予防

・プライベートな空間の確保

・暑さや寒さ対策

・移動手段・経路が増える


など、メリットをあげればキリがありません。

購入した商品を積んだり、ゆっくり買い物を楽しむためにも、カートは一役買ってくれます。

2、大きなカバン

大きなカバンも、必須持ち物の一つ!


購入した商品を入れるのはもちろん、会場内では、各社がサンプルやチラシを配布しています。

大きな声では言えませんが、サンプルだけでも入場料の元を取れてしまうのでは?!というレベルです。


入場料の元をとるぞ!!!という方は、ぜひ大きなカバンを持って参戦してください(笑)

3、マナーグッズ

会場には、7箇所ものペット用トイレ・ゴミ箱が設置されていました!

なんてペットフレンドリー!!


しかし中には、お話や買い物に夢中で、突然の排泄に気づかない方もいるようです。

犬好きが集まるイベントでも、排泄物を見るのは、気持ちの良いものではないです..!


犬を連れている人も連れていない人も楽しむために、

・排泄をしてしまった時には、責任を持って処理をすること

・定期的にトイレに連れて行ってあげること

・おむつやマナーベルトの着用をすること

など、マナーを守る心とマナーグッズを忘れずに持って行きましょう。

会場内はコンテンツが盛りだくさん!

ペットのおやつやグッズ、キャンピングカーの割引券などの豪華景品!

フォトスポットの設置や抽選会の開催

さまざまなブースでフォトスポットの設置体験型イベントが行なわれていました。


人気のフォトスポットやイベントは大盛り上がり!

Carstayも抽選イベントを開催し、たくさんの人で賑わっていました!

フードコートも充実

会場内には、フードコートとスイーツスタンドがあります。


自家製炙り厚切り焼豚丼ハラミ串札幌濃厚味噌ラーメンなど、文字を見ているだけでもお腹が空いてきそうな食べ物がずらり!

スイーツスタンドでは、ジェラートやチーズケーキ、ミルク食パンなどを購入することができます。


近くにはベンチが用意されており、座って食べることができます。

お昼時には、かなり混雑するのでベンチに座れないことも。


再入場も可能なので、一旦車に戻って食事をしたり、リフレッシュすることもできます。

特設ステージが魅力的

特設ステージでは、セミナートークショーが行われています。


セミナーでは、専門家によるペットの食事・しつけ・グルーミングの話や人獣共通感染症など、人とペットとの暮らしに欠かせない話を聞くことができます。

さらに、イヌロビクスを体験できたり、桜のチョーカーを作ったりなど、ワークショップや体験会も充実しています。(とにかくすごいんです!)


小学生の頃からペット業界で働くことを夢見ていた私にとっては、現職の獣医師さんと一緒にリアルなお仕事を体験できる「キッズ獣医師体験」が魅力的に感じました。


また、補助犬によるデモンストレーションもありました。


ちなみに、「補助犬」というのは、盲導犬・介助犬・聴導犬の総称です。

街中でたまに目にする盲導犬以外にもお仕事のある犬たちがいて、チワワやヨークシャーテリアなどの小型犬も大活躍しているんですよ!

話は脱線してしまいましたが、子供から、大人まで楽しむことができるのもインターペットの魅力の一つです。

キャンピングカー×ペットイベントは最強?

私は、インターペット期間中車中泊をしました!


はじめは、ホテルへの宿泊も検討しましたが、ペット連れということでさまざまな問題にぶつかり断念しました。

・大きさ制限

・頭数制限

・共用部移動は抱っこorカートのみ

・宿泊費が高い

・目的地の近くにない

などなど。


都内にもペット可能のホテルが複数オープンするなど、徐々にペットOKの宿泊施設も増えてきましたが、まだまだ「人のように気軽に泊まる」のは難しいと思えます。


また今回は、朝早く会場へ向かうということもあり、チェックイン/アウト時間を気にしないキャンピングカーで車中泊をすることに決めました。

快適な車内

車の後方から全体をパシャリ


モビゴンの中は、かなり快適空間。

中型犬が入るケージを2つ入れても、車内には余裕があります。


車内で立つことができるので、圧迫感もありませんし、中での作業や着替えも快適です。


これが結構広い!


奥行のあるロフトで寝るのは、秘密基地感があって、わざわざ押し入れで寝ていた幼少期を思い出します。

4人就寝可能なので、家族や犬友とカーシェアで行くのもいいですね!

東京ビックサイト周辺はドッグフレンドリーエリア

東京ビックサイトはお台場エリアが近く、デックス東京ビーチアクアシティお台場には、ペット同伴可能なレストランやカフェ・店舗があり、お台場海浜公園では、景色の良い浜辺でお散歩を楽しむことができます。


インターペットなどペットイベントに参加の際は、そのまま日帰りの方も多いと思いますが、1泊2日でイベントと観光を両方楽しむのはいかがでしょうか?

ビックサイト近くの車中泊スポット


近くの車中泊スポットは、東京都墨田区に位置するRVパーク。


<特徴>

・東京ビックサイトから、約19km。30分前後で到着

・24時間使用可能なトイレ・フリーwifi・水道あり

・ペットOK

・1泊 4,800円


RVパークの付近には、浅草・スカイツリーなども近く、有名どころの観光もできます。


墨田区周辺は、浅草寺や東京ミズマチをはじめ、多くのペットOKスポットやカフェがあります。

夜はスカイツリーのライトアップを見ながら隅田川を散策するのもとってもオススメですよ〜!

まとめ イベントにキャンピングカーで行くメリット

・イベント後に小旅行を楽しめる

・大きさや頭数に制限されない

・チェックイン/アウトの時間に追われない

・ホテルに泊まるより安価に宿泊できる

・非日常が味わえる


ペットのイベントは、規模の大小含めると、年に何度も開催されます。


しかし、全部が日帰り圏内の開催場所とは限りません。

「行きたいけど、遠くて日帰りは難しそう」

そんな時には、キャンピングカーをレンタルしてイベントに参加することで、ホテルに泊まらなくとも、ペットイベントに行くのが小さな旅行になったりします。


ぜひ、来年のインターペットは、キャンピングカーで参加してみませんか?

この記事で紹介したキャンピングカー/車中泊スポット/体験アクティビティのご予約はこちらから

この記事をシェアする

東京×犬に特化した情報検索サイト「いぬのまどぐち」の運営者。クルマを通して「イヌと暮らす」ことの楽しさを広めていきます!

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device